~自分らしさを引き出し、ファッションで人生を豊かに~

【ファッション豆知識】チェック柄の種類、あなたはいくつ知ってますか??

2019/09/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

老若男女問わず、愛され続けているチェック柄

実は種類がたくさんあるのを知っていますか??

 

チェック柄はコーディネートのアクセントにもなるので、種類や名前を覚えておくと

コーディネートに役立つと思いますよ(^^)

 

今回は、チェック柄の種類とおすすめコーディネートを紹介します。

 

チェック柄の種類

➀タータンチェック柄

多色使いの格子柄のこと。チェック柄の代表的存在なので、マフラーなどで何気なく

取り入れている方も多いのでは??

スコットランドの民族を象徴するための装飾文様として使われていたそうで、伝統のある柄です。

細かいタータンチェックだと上品な印象を演出できます。

 

➁グレンチェック柄

細かい模様を規則正しく並べて大きな格子柄仕立てたもののこと。

グレーや黒や茶色などのダークトーンが多く、幅広い年齢に着られています。

スーツにも使われており、フォーマルなイメージの種類のチェック柄です。

 

③マドラスチェック柄

黄色、オレンジ、緑などの極彩色を使用した格子柄のこと。

カラフルでパステルな色使いが多いのが特徴的です。不規則な交わりもポイント。

一気に華やかに茶目っ気さを印象付けるマドラスチェックは、アメリカントラッドや

アイビースタイル、プレッピースタイルに多く用いられています。

 

④バーバリーチェック柄

有名ブランド『Burberry』が商標として登録しているチェック柄のこと。

キャメル地に黒・白・赤で構成された格子柄が特徴。

もとはカントリータータンというタータンチェック柄をデザインしたものだそうです。

ファッションコーディネートに高級感あふれ上品な印象を与えることができます。

 

⑤バイアスチェック柄

斜めにチェック柄が施された模様のこと。

線の色や太さはバラバラで、コーディネートのアクセントになる柄です。

斜めのチェックがあったら基本的には、バイアスチェックだと思ってもらって

大丈夫です◎

 

⑥オーバーチェック柄

細かいチェックに大きなチェックを重ねた格子柄のこと。

カラーバリエーションも豊富で幅広く使用されています。

大きさの違う格子と重ねる柄の色調を変えることでカジュアルな印象が目立ちます。

 

⑦グラフチェック柄

その名の通り、グラフみたいに線が規則正しく交わったチェック柄のこと。

ラインチェックとも言われます。

大きい目の格子だとインパクトあるモードな印象を与え、中くらいの格子だとクラッシックな

印象を与えることができます。

 

⑧タッタソールチェック柄

白生地に2色のラインを交互に配した格子柄のこと。

爽やかな印象からスポーツシャツやベスト・ハンカチなどによく用いられています。

 

⑨ガンクラブチェック柄

同色の濃淡、または2種類の格子を組み合わせた格子柄のこと。

白地orベージュ地に太めの線が引かれているシンプルなものが多く、明るいベージュの

地色に焦茶色・淡茶・赤茶が基本となります。

色使いが落ち着いているので、古風な印象を与えることができます。

日本では、『二重弁慶格子』とも呼ばれます。

ジャケットとかアウター系に取り入れられることが多い柄です。

💡タッタソールとの違いは線の太さと細かさ。

 

⑩シェパードチェック柄

2色で構成されており、ブロックチェックの交差していない部分に地色の斜め線が

入っているのが特徴な格子柄のこと。日本語では『小弁慶格子柄』と呼ばれています。

クラシカルな印象を与えることができ、スーツやコートなど幅広く使用されています。

⚠千鳥柄と似ていますが、違う種類なのでお間違えないように!

 

⑪ギンガムチェック柄

白と別の色との2色で構成された格子柄のこと。 

元々は、裏地として多く使用されていたそうですが、現在では、ブラウスやジャケットなど

幅広く使用されています。爽やかで明るく若々しい印象を相手に与えることができます。

 

⑫ブロックチェック柄

太い線が平等に規則正しく施されている格子柄のこと。

シャツやワンピースに多く用いられ、アクセントをつけたい時に有効的な模様です。

カジュアルな印象を与えることができます。

 

⑬トーンオントーンチェック柄

「トーン・オン・トーン」の名前通り、2種類以上の色を縦・横に重ねて配置することに

よってできた2種類以上の子となる色調の格子柄のこと。

色鮮やかな格子柄が特徴で、細かいデザインから大きな柄までデザインされているそうです。

コーディネートの際は、全体的の色味を揃えるとまとまった仕上がりになります。

 

⑭アーガイルチェック柄

連続するダイヤ模様と斜めに交差するラインから構成される模様のこと。

伝統的な印象でありながら流行に左右されず新鮮さを与えるアーガイル・チェックは、

制服やセーター、靴下などによく用いられています。

 

⑮千鳥格子柄

千鳥が連なって飛んでいるように見える形の格子柄のこと。

スーツにもよく取り入れられており、クラシカルな印象を演出できます。

千鳥格子が細かくなるほど、クラシックな印象が強くなりますよ。

「千鳥格子=モノクロ」の印象が強いですが、カラーの千鳥格子もあります。

赤やオレンジなどの暖色系であれば、千鳥格子が持つクールな印象がなくなり、

やわらかい雰囲気を出せます。

 

チェック柄を使ったオススメコーディネート

➀グレンチェックのパンツを使ったきれいめコーデ

ボルドーニットとグレンチェックパンツの組み合わせは上品な雰囲気になるのでおすすめです。襟元と裾から出ている白のトップスがアクセントになっていますね。

色使いも上手で、きれいめコーデにまとまっています◎

 

➁タータンチェックのマフラーを使ったコーデ

赤いタータンチェックのマフラーがコーディネートのアクセントになっていますね!

キャメルと赤は色同士の相性も良く、温かみのある雰囲気が出ています。

キャメルコートとデニムがカジュアル感を出していてとても素敵です◎

秋の休日にぴったりのコーディネートですね。

 

③アーガイルチェック柄のセーターを使ったコーディネート

同系色でまとめたシンプルなコーディネートだからこそ、セーターのアーガイルチェック柄が映えています◎

明るい色のアーガイルチェックより暗い色の方がシックにまとまるので、大人っぽい

着こなしをしたい方におすすめです。

 

④オーバーチェック柄のパンツを使ったコーディネート

主張し過ぎず落ち着いたトーンのオーバーチェック柄なので、コーディネートに取り入れられやすいですね。ジャケット・スエードシューズと合わせて上品な雰囲気に仕上がっています。トーンのオーバーチェック柄パンツは色味も素材的にも秋冬にぴったりです◎

 

⑤ギンガムチェックを使ったレイヤードコーデ

グレー×ネイビーの組み合わせでスタイリッシュな印象に仕上がっています。

グレースウェットから覗くギンガムチェックがアクセントになっていますね。

シンプルなギンガムチェックは差し色やレイヤードに使ってもコーディネートの

邪魔にならないのがポイント◎

黒の面積が広いですが、グレーのスウェットと白スニーカーのおかげで重たくなりすぎず、

シンプルにまとまっています。

 

 

まとめ

時代や季節、関係なく長きにわたって愛され続けているチェック柄です。

色使いや格子の細かさによってカジュアルにもきれいめにも仕上がります。

 

コーディネートに取り入れると、アクセントになるのでおすすめです!

 

ぜひファッションに取り入れて、様々なチェック柄コーディネートを楽しんで

くださいね(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COORDINOTE , 2019 All Rights Reserved.