~自分らしさを引き出し、ファッションで人生を豊かに~

着痩せする色は黒だけじゃない?!痩せて見える色を紹介!!

2020/10/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

『ダイエットは大変だし、すぐには効果が出ないし着痩せして見える

服があればなぁ…』とか『黒を着るとぽっちゃりが目立つ気がする…』など

コーディネートを組む上で服の色選びってとても大切ですよね!

 

服のデザインや素材が影響することはもちろんですが、色の選び方だけ

でも効果はあるので、着やせする色をチェックしてみると良いでしょう。

 

着痩せする色を使い分ければ、いつも同じような色・服を着ているという

印象も払拭することができるのでおすすめです◎

 

今回は、着やせする・痩せて見える色を紹介していきます。

 

 

まずは、『膨張色』・『収縮色』について知ろう!

みなさんは、「膨張色」と「収縮色」という言葉を知っていますか??

 

・膨張色:大きく膨らんで見える色

 

・収縮色:小さく縮んで見える色

 

膨張色は白を含む明るい色のものが多く、収縮色は黒やネイビーなどの

ダークカラーのものが多いです。

 

実は色合いよりも色の明度(明るさの度合い)が「太って見える」

「痩せて見える」という視覚効果に影響しているのです。

黒やネイビーなどの収縮色は、明度が低い色(暗い色)為、着痩せして

見えるというわけです。

 

膨張色・収縮色を使い分けることで、色を使った着こなしが楽しめますよ◎

 

 

『黒が一番着痩せするって聞くけど、自分が着るとそうでもない…』のはなぜ?

収縮色である黒は、引き締める効果がある為、着痩せ効果が期待

できそうに思われがちですが、実は落とし穴があったのです。

 

『黒を着ても着痩せしない』『重く見える』など悩んでいる方はこの

落とし穴に陥っている可能性があります。

 

黒い服の落とし穴➀ボディラインがはっきりしてしまう

黒い服は確かに淡い色より引き締まって見えますが、ボディラインが

はっきり際立ってしまうデメリットもあります。

スリムな体型の方であれば、シルエットが強調されても悪目立ちしないですが、

ぽっちゃり体型の方だと、気になる部分が露呈されてしまうので危険です。

 

特にオールブラックコーデをするのは避け、白や明るい色を取り入れて

軽さを出すとボディラインも目立ちにくくなります。

 

解決策:同系色でコントラストをつける

上下を同系色で揃えると縦のラインが強調されて、ほっそり見えが期待できます。

全身を同じ色で合わせるとぼやけた印象になりやすいので、同系色且つ

コントラストが生まれるようにコーディネートすると、メリハリのある

着こなしになります。

たとえば黒×黒をグレー×黒、ネイビー×黒にするだけで印象がグッと

変わりますよ◎

 

黒い服の落とし穴➁重たく見えてしまう

黒には重たい印象があります。

引き締まって見えたとしても、軽やかではなくどっしりした感じに

見えてしまうので、ぽっちゃり体型の方は重さが加算されがち…。

引き締めたい部分に黒を使うなど、部分的に黒を取り入れるように

すると重さを軽減させることができます。

 

解決策1:寒色を取り入れる

青やネイビーなどの寒色は収縮色、後退色と言われており、

引き締まって見えるカラーです。

ネイビーは黒に近い色かもしれませんが、黒より重たくなく軽やかな印象

なので、積極的に取り入れてみてみるとよいでしょう。

 

解決策2:部分的に黒を使う

服から小物まで全部黒で揃えてしまうと重たい印象に…。

ボトムスをネイビーにしたり、靴を軽やかなカラーにしてみましょう。

引き締めたい部分に黒をポイント使いするのがおすすめです。

 

黒を部分的に使ったり、他の色との組み合わせ、黒の代わりにネイビーや青を

取り入れるようにするだけで、しっかり着痩せすることができますよ。

黒の落とし穴にはまらないよう、コーディネートを組む際は上記の点も

チェックすると良いでしょう。

 

 

黒以外で着痩せする色〜3色〜

ネイビー

ネイビーは寒色の1つで、寒色は収縮色・後退色と言われています。

実際よりも小さく見えるのが後退色なので、着るだけで細く見せる

効果が期待できます。

ネイビーは黒よりも重たくなく、軽やかな印象になります。

黒が持つ厳格さやカッチリ感を軽減させつつ、きちんと感が出せる色なので

メンズにおすすめのカラーです◎

 

 

紫は彩度の高い寒色なので、ボディをピシッと引き締めてくれます。

紫が持つ高貴なイメージがコーディネートをクールで知的に見せてくれますよ◎

寒色の中で、着痩せするカラーはブルー系、グリーン系、パープル系なので、

合わせるアイテムや色によって変えてみるのもよいでしょう。

 

 

こげ茶

茶系は全身に使ってしまうともっさり・野暮ったい感じになってしまうので

部分的に使うことをおすすめします。

茶色も様々な色味がありますが、着痩せ効果抜群なのは、焦げ茶色!

ダークカラーなので引き締まった印象になります。

黒よりも柔らかい印象になり、ネイビーよりも温かみのある

雰囲気になるので、秋冬にぴったりのカラーです。

アウターやボトムスに使うことで引き締め効果を発揮してくれます。

 

 

要注意

パステルカラーやビタミンカラー、明度・彩度の高い色味は

膨張・強調して見えてしまうので避けましょう。

靴下や重ね着の間から見せるなど、ポイント使いであれば

着痩せ等は関係ないので、取り入れていいと思いますよ◎

 

 

もちろんパーソナルカラー―を踏まえた上で自分に合う着痩せカラーを

見つけてみると良いと思いますよ◎

パーソナルカラーとセルフチェック(男性編)~第一印象をより良く!あなたに似合う色を見つけよう~

も併せて参考にしてみてくださいね♩

 

まとめ

今回は、着やせする・痩せて見える色を紹介しました。

 

薄着な春夏は誤魔化しが利かず、重ね着の多い秋冬は着膨れに危険

なので、配色を味方につけて、着やせを狙いましょう!!

 

普段の着こなしの1アイテムを着痩せカラーに変えるだけで

コーディネートをほっそりすっきりと見せることが出来ますよ◎

 

ぜひ、今回の記事を参考に試してみてくださいね♩

この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COORDINOTE , 2020 All Rights Reserved.