~自分らしさを引き出し、ファッションで人生を豊かに~

【メンズファッションジャンルの種類と特徴】第1弾・ストリートファッション

2019/10/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

“ストリートファッション”、よく耳にすると思います。

みなさんはどんなイメージを持っていますか??

 

ラッパーのような服装・スケーターボーイが着ている服装…そんなイメージが

頭に浮かぶ人が多いと思います。

 

今回はストリートファッションの特徴についてご紹介します!!

 

ストリートファッションとは??

ストリートファッションは、自然発生的に生まれた若者ファッションのこと

ストリートファッションとは、ファッションデザイナーやアパレル企業が作り出すファッション

ではなく、街中に集まる若者たちから自然発生して生まれるファッションのことを指します。

 

ストリートファッションを牽引しているのは若者たちで、流行りも10代から20代

前半が中心。

その時代の社会情勢や音楽の流行などとも密接な関係があり、時代によって変化していきます。

過去のストリートファッションでいうと、60~70年代のヒッピー・パンクファッション、80年代の

ヒップホップ・スケーターファッション、そして90年代のグランジファッションなどが有名です。

最近の日本では、90年代から2000年代初頭の裏原宿系ファッションが特に知られています。

 

過去のストリートファッションのスタイルをまとめると、全体的にゆったりとした着こなしや、

スポーティーな恰好が多く、男らしい印象を与えるものが人気だったようですね!

 

 

ストリートファッションの種類を年代別にCHECK!

1980年代

80年代は、ミリタリーテイストを取り入れたアメカジが流行。

トム・クルーズ主演の「トップガン」がきっかけで、80年代後半にフライトジャケット

であるMA-1が流行しました。

トム・クルーズは、映画の中で、G-1というレザーのフライトジャケットを着ていたのですが、

G-1より軽くて価格も安い為、似ているMA-1が流行ったみたいですね。

 

 

1990年代

≪ヒップホップファッション≫

1990年代ではヒップホップファッションが流行。

ヒップホップは音楽というジャンルだけでなく、ファッションにも影響を与えたんですね!

この頃、最も影響力があり、レジェンドのような存在だったのがRUN DMCだそうです。

彼らのファッションの特徴はaddidasの3本線が入ったジャージに、大きいサングラス、

ネックレスというスタイル。

これは彼らの代名詞となり、彼らの人気とともに、HIPHOPというジャンルが一般的に

広まったのです。

 

≪スケーターファッション≫

スケーターファッションも流行しました。

同じストリート系なので似ていますが、スケーターファッションではロゴや

イラストTシャツにパーカー、デニムやハーフパンツ、足元には個性的でボリューム

のあるスニーカーが定番スタイルです。

スケーターは、あくまでも動きやすいファッションを好むため、HIPHOPのように太いデニムや

ビックサイズのシャツはあまり使わないのが大きな違いです。

 

 

2000年代

80年代や90年代に流行ったものが今風にカスタムされ、再流行となりました。

上下ともにビッグサイズのだぼっとしたシルエットではなく、トップスが大きめなら

ボトムスはスリム、といったようにバランスよくすっきりと見える着こなしが人気です。

 

 

ストリートファッションで抑えるべきアイテム

トップス

アウター

ボトムス

帽子&靴

 

ストリートファッションを着こなすポイント

シルエットはIライン、もしくはAライン

カジュアルさが際立つストリート系ファッションには、

・大人っぽさを演出するIラインシルエット

・男らしさを演出できるAラインシルエット

の2つのシルエットが向いています。

 

コーディネートにメリハリをつけてかっこよく見せましょう。

 

 

色使いは3色までに抑える

色使いの多いコーデは子供っぽい印象になってしまうので、かっこ悪いです。

白・黒・グレー(モノトーン)の無彩色をベースに、色使いは3色までに抑えることを

意識してみてください。

 

また、デニム素材のアイテムを使う場合はブルー系のアイテムで揃えたり、色合わせに

統一感を持たせるとよりオシャレなコーディネートになりますよ。

 

キレイめ50%:カジュアル50%のミックス

カジュアルさを残しつつ、キレイめ感を取り入れると大人のストリートスタイルに

仕上がります。

 

 

ストリートファッションのおすすめブランド

Supreme

ストリート系ブランドで外せないブランドといえば、NY発のSupremeです。

ボックスロゴのアイテムはプレミア値がつくほどの人気アイテムで、スケーター

だけではなく、世界中のおしゃれなファッションピープルを虜にしています。

 

 

Stussy

Supremeと並んで人気のストリート系ブランド。

シャネルのパロディや筆記体のロゴがプリントされたTシャツなどが人気。

シンプルなデザインのものから色使いが特徴的なものまで幅広いデザインの

アイテムがあります。

 

 

Champion

Championのロゴマークのスウェットは有名ですよね。

スウェットはカジュアルなコーデに欠かせないアイテム。

さまざまなブランド・キャラクターとコラボしているのでチェックしてみてください。

 

 

ストリートファッションおすすめコーディネート

ベースボールキャップを使ったコーディネート

モノトーンコーデに赤いスニーカーが映えますね。

Tシャツとロングタンクトップのレイヤード風にしているため、コーディネートに

メリハリがついておしゃれです。全体的にカジュアルな印象です。

 

 

スタジャンを使ったコーディネート

シンプルながらもデザイン性のあるアイテムを使ったコーデ。

ジャストサイズのスタジャンとコーデ全体をベーシックカラーでまとめているので

すっきりとした印象です。

 

 

スウェットを使ったコーディネート

若干オーバーサイズ気味に着こなすことでストリート感を演出しています。

キャップの色とシューズの色を合わせているので統一感があります。

 

 

まとめ

今回はストリートファッションの特徴について紹介しました。

 

アイテムをストリートらしいものにすればストリートテイストが完成します。

 

決まった形のないストリートファッションですが、今回ご紹介したコーデの真似から

はじめるのが簡単なので、ぜひ挑戦してみてください(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COORDINOTE , 2019 All Rights Reserved.