~自分らしさを引き出し、ファッションで人生を豊かに~

ジャケットが似合わないのは骨格のせい?!ジャケットが似合う男になるべく解決策を紹介します!

2021/04/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

ビジネスシーンやフォーマル時はもちろん、ちょっとしたお出かけの際に

ジャケットを着てみたけど、「ジャケットに着られている感」や「かっこよく

決まらない」など悩まれている男性も少なくありません。

 

そんなお悩みの方にジャケットが似合わない原因と解決策を紹介いたします。

 

 

ジャケットが似合わない原因と解決策

ジャケットが似合わない男性の原因①童顔

ジャケットは、ビジネスシーンやフォーマルなシーンでも使えるきちんと感の

強いアイテムです。

きちんと感のあるジャケットを童顔の男性が着ると、顔立ちの幼さとマッチせず

ちぐはぐに見えるので、似合わないと感じてしまうようです。

 

解決策

シルエットをIラインにまとめて大人っぽく仕上げましょう。

ジャケット・トップス・ボトムスをジャストサイズでまとめるとすっきりとした

印象に仕上がります。

カジュアルな服装・野暮ったい服装だと幼く見えてしまうので、足元をロール

アップして抜け感を出すことも大切です◎

 

 

ジャケットが似合わない男性の原因②低身長

低身長の男性がジャケットを着ることで、ジャケットに”着られている”ように

見えてしまい似合わないこともあります。

すらっとした高身長の方だと、かっちりしたデザインのジャケットも似合いますが、

低身長の方の場合、バランスが悪く感じてしまうようです。

 

解決策

ボトムスはスリムタイプのものをチョイスしてYラインシルエットを作ると

低身長の方も目線が上に行くのでおすすめです。

また、インナーの長さにも注意しましょう。インナーをボトムスインして

腰の位置を高くしたり、インナーを出す場合も着丈は短めにするとバランスよく

まとまります。

また、ジャケットをノーカラージャケットにすると、縦のラインが強調されて

低身長をカバーできます。

 

 

ジャケットが似合わない男性の原因③体型・骨格にあってない

少しでも肩のラインが合っていなかったりそで丈が合っていなかったりすると、

ジャケットが似合わないように見えてしまいます。

また、デザインによっても体型や骨格のコンプレックスを悪目立ちさせてしまう

こともあります。

 

解決策

ジャケットが似合うようになるには、自分の体型や骨格にあったジャケットを

選ぶことが必要&大切です◎

 

▼試着してサイズを確認する

→肩にフィットするか、袖丈・裾丈は合っているかは試着をしないとわかりません。

せっかくジャケットを買うのであれば、似合うものを選びたいですよね!

しっかり試着をしてサイズ感をチェックしましょう。

 

▼デザインを変えてみる

ジャケットのデザイン次第でコンプレックスをカバーしたり、悪目立ちさせる

ことができてしまいます。

 

・華奢な体型の人

→カチッとしたジャケットを着ると貧相に見えてしまう…。

ノーカラーや柔らかい素材のものを選ぶと骨格に馴染みます。

・肩幅のある人

→肩幅がしっかりしているタイプなので肩がカクッとしたジャケットは避けましょう。

ドロップショルダーを選ぶと肩幅の広さをカバーしてくれます。

 

 

ジャケットが似合わない男性の原因④色があっていない

着ているジャケットの色とパーソナルカラーが合っていないから

似合わないという場合もあります。

きれいめにもカジュアルにも使えるジャケットを選ぼうとすると、どうしても

黒やネイビーなどベーシックな色を選んでしまいますよね。

自分のパーソナルカラーに合った色味のジャケットを取り入れるだけで

印象が変わりますよ◎

 

解決策

とりあえず黒!とりあえずネイビー!ではなく、違う色のジャケットにも

目を向けて自分に似合う色・合うジャケットを見つけましょう。

ベージュやブラウン、グレーなどほかの色でも魅力的なジャケットはたくさんあります!また、色だけでなく柄も変えてみるとよいでしょう。無地もシンプルでおしゃれですが

チェック柄やツイード柄など柄変わるだけでも印象が変わります。

 

 

ジャケットが似合わない男性の原因⑤コーディネートのトータルバランスが悪い

合わせる服や靴とのバランスが悪いと、せっかくジャケットが合っていても

おしゃれさが半減してしまいます。

服や靴とのバランスが悪いせいでジャケットが似合わないように見えてしまうことも

あるのでコーディネートのトータルバランスを意識して組み合わせることが大切です◎

 

 

解決策

服や靴とのバランスまでしっかり意識することを意識しましょう。

たとえば、オーバーサイズのジャケットを着るなら、野暮ったく見えないように足元を

ロールアップしたり、サンダルで抜け感を出すとバランスがよくなります。

コンパクトなジャケットを着るならさみしく見えないようにワイドパンツなど

ボリュームのあるボトムスを合わせるなど、服や靴でトータルのバランスを

整えるとまとまるでしょう。

 

 

それでもジャケットが似合わない場合の解決策

ショールカーディガン・MA-1で代用する

テーラードジャケットなどよりもカジュアルなのがショールカーディガンや

MA-1ジャケット。

ショールカーディガンは襟がついていて上品ながら、カジュアルにも着やすいので

おすすめです◎

首・肩周りにボリュームがあるので肩幅がある人も体型カバーができます。

 

MA-1は首回りや全体のシルエットが丸めなので骨格や童顔等を選ばず着ることが

できます。 華奢の人もかっこよく着れますし、肩幅がある方やぽっちゃり体型の方も

相性がいいので、おすすめです◎

 

 

 

まとめ

ジャケットが似合わない原因と解決策を紹介しました!

 

ジャケットが似合わない理由と解決策が見つかれば、似合うジャケットを

見つけられることができて、コーディネートが楽しくなりますよ◎

 

ぜひ、今回の記事を参考にジャケットを取り入れたコーディネートで

おしゃれの幅を広げてみてくださいね!!

この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COORDINOTE , 2021 All Rights Reserved.