~自分らしさを引き出し、ファッションで人生を豊かに~

寒いからって着こみすぎていませんか?もっさりコーデを解決し、おしゃれで温かいコーデに変身させましょう!

2019/12/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

冬は寒くて、つい着こみがち…。

『防寒対策>おしゃれ』なんて考えの方も多いのでは…??

 

冬は着こみすぎて着膨れしてしまい、コーディネートがもっさりしている人が多いです。

寒くなくて楽ちんな服装でいいや〜とおしゃれに手を抜いていると、どんどんもっさり

コーデになり、かっこ悪いです。

 

あなたのコーディネートはもっさりしていませんか??

チョイスするアイテム1つでもっさりコーデを解消することが出来ます。

 

今回は、もっさり見えする着こなしの原因&解決策をまとめてみました。

 

気づいていないのはあなただけ?知らずのうちに、もっさりコーデをしているかも!?

原因1:ビッグサイズ&スウェットでパジャマ化している

【NG例】

スウェットコーデが、ラフすぎて”パジャマ化”している人って結構いますよね。

近所のコンビニぐらいならいいですが、お出かけやデートの時にスウェットコーデだと

相手はがっかりしてしまいます。

 

つい、寒いからって着込みやすいオーバーサイズを選ぶ人もいますが、体に合っていない

サイズはだらしなく見えてしまいます。

 

色選びも重要で、特にグレーのビックサイズスウェットはパジャマ感丸出しなので

控えましょう。

 

解決策:きれいめアイテムを1点取り入れること

スウェットコーデをおしゃれに変身させるには「1点きれいめアイテムを取り入れてあげる」

のがおすすめの解決策です◎

ストライプシャツやチェックシャツと重ね着をし、スウェットの襟元から、

シャツを覗かせてみるのも、コーディネートにアクセントがつくのでおすすめです。

 

スラックスやチノパンと合わせたり、スニーカーをスエードシューズやドレスシューズに

変えるだけでもスウェットのカジュアル感を抑制させることが出来ますよ。

 

原因2:デニムの着こなしがシンプルすぎてしまう

冬の定番コーデ、ニット×デニムのコーデに落とし穴アリ!!⚠

 

画像はブルーデニムパンツにホワイトニットを合わせた無難な着こなしですが、

タックインもせずに着てしまうと、量産型のコーディネートになってしまいます。

シンプルすぎるとアクセントがなく、ちょいダサな印象に…。

 

解決策:アクセサリーや伊達メガネを身に着けること

シンプルな着こなしには、アクセントを加えることが重要です!

洋服のデザインやコーデのシルエットでカバーすることもできますが、

アクセサリーや伊達メガネを取り入れてワンポイント、プラスしてあげると

ぐっとおしゃれに見えます。

ニット帽やキャップでもアクセントを加えることができます◎

タックインもシルエットに変化を付けさせるのに効果的です。

 

原因3:スニーカーコーデが少年感を出している 

【NG例】

カジュアルコーデの鉄板アイテムのスニーカーですが、合わせるアイテムに

よってはカジュアルすぎてしまい、少年のような着こなしになってしまいます。

 

たとえば、ダウンジャケット×パーカー×スニーカーなど防寒や楽さに走りすぎて

しまうと少年感が出てしまうので要注意です。

 

解決策:スニーカーをハズシアイテムとして取り入れること

きれいめコーディネートをカジュアルダウンさせる役割としてスニーカーを

取り入れると良いでしょう。

 

たとえば、ニット×シャツ×スラックスコーデのハズシアイテムとして

スニーカーを取り入れると、おしゃれな印象になります。

 

カジュアルな着こなしは基本的には20代半ばまで。

20代後半以降は、品のある大人っぽい着こなしが求められます。

 

スニーカー素材1つにしてもニット生地のものや革を使用したものを選ぶと

おしゃれで大人っぽい雰囲気に仕上げることが出来ます。

カラーチョイスも黒や渋めの色が無難で、大人っぽくなりますよ。

 

原因4:ジョガーパンツコーデの運動着感

【NG例】

ジョガーパンツのラフさとカジュアルさがどうしても運動着っぽい印象に。

足元もスニーカーなのでさらに運動着のような着こなしに…。

 

スポーツMIXな着こなしもありますが、おでかけやデートの際は、リラックスさが

出すぎてしまうので控えた方が良いでしょう。

 

解決策:足元に抜け感orアクセントをつける

『足元に抜け感orアクセントをつける』ことが解決策です。

トップスをレイヤードして、裾からシャツを覗かせるとアクセントがつき、おしゃれに

見えます。

足元も9分丈のジョガーパンツを取り入れ、抜け感を出すとすっきりとした印象に。

靴はドレスシューズや革製のスニーカーにすると大人っぽく着こなせますよ。

 

💡シルエットでアクセントを付けるのも良し!

Iラインシルエット・Yラインシルエットで大人っぽい雰囲気にまとめましょう。

 

原因5:ダウンジャケットのせいでデブに見えてしまう

【NG例】

冬のダウンジャケットは暖かくて便利だけど、『コーディネートがデブ見えしちゃうのが嫌だなぁ』って思っている人も多いのでは?防寒も重要だけど、おしゃれさも欲しいですよね。

 

だぼっとボリュームのあるダウンジャケットにワイドパンツを合わせてしまうと

全体的なシルエットがだぼっとしていて、デブ見えの危険性が高いです。

 

解決策:タイトなボトムスを合わせること

解決策はひとつだけで「ボトムスをタイトなものを選ぶ」こと!

上半身がダボっとしちゃうので、下半身はスッキリしたものを合わせないと

バランスの悪い着こなしに。

タイトめなボトムスと合わせて、「Yライン・Iライン」シルエットを

意識するとスタイリッシュな着こなしができます。

 

💡ダウンジャケットのデザインや色でもデブ見え回避できます!

デザイン:

すっきりとしたシルエットのものを選び、スタイリッシュに見せましょう。

ツヤツヤとした光沢感のあるジャケットは、光の反射が強くなり派手な印象を

与えてしまうのでNG。光沢のない素材のものを選びましょう。

 

色味:

黒・グレー・ネイビーなどの落ち着いた色合いのものを選ぶと、スッキリ見せる

ことができ、大人っぽい雰囲気になります。

 

落ち着いたカラーのダウンジャケットとホワイトニットやホワイトパンツなどの

ホワイトアイテムと合わせると上品、且つ華やかな印象に演出することができます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

あなたはもっさりコーデ、していませんでしたか?

 

おしゃれだと思っているコーディネートも『実はもっさり見え・デブ見えしていた!』

なんてことがあるんです。

 

いつものコーデがもっさりして見えたなら、アクセサリーや明るい色のアイテムを

投入するだけでも変わりますよ(^^)

 

今回の記事を参考に、もっさりコーデに見えないポイントをマスターして、

もっと垢抜けるおしゃれな冬コーデを楽しんでみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COORDINOTE , 2019 All Rights Reserved.