~自分らしさを引き出し、ファッションで人生を豊かに~

チェスターコートの着こなし方〜体型別に似合うコーディネートを紹介〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

シンプルでキレイ目にまとまる秋冬定番のアウター、チェスターコート。

どんなアイテムとも合わせやすく、女性からの印象も良いアイテムです。

 

『マネキンが着ているのを見て、試着するも〝コートに着られている感″が出てしまって

購入に至らなかった』といったサイズ選びの悩みや『身長が低いので、丈の長いチェスター

コートは似合わない…』といった体型別の悩みを抱えている方もいるようです。

 

せっかくチェスターコートを着るなら、かっこよくスマートに着こなしたいですよね!

 

今回はチェスターコートの着こなし方と体型別おすすめコーディネートを紹介します。

 

チェスターコートとは・・・??

丈が膝上・膝下まであるロング丈コートのこと。

チェスターコートはチェスター伯爵が最初に着たことから、名前が付けられたと

言われています。

その為、別名:チェスターフィールドコートと呼ばれることもあるようです。

 

丈はやや長めの膝丈位が基本で上衿があり、見た目は背広に近くクラシカルな印象が特徴的。

ビジネス時にスーツの上に羽織ったり、普段着としても幅広く着こなすことができる

人気のコートの1つです。

 

タートルネックニットやスラックスなど、キレイめアイテムとの相性がよいので大人っぽく

着こなすことができます。

 

 

脱ダサ! チェスターコートをおしゃれに着こなすポイント

ポイント➀サイズ感が一番重要!!

メンズファッションでは、ジャストサイズが基本と言われていますが、アウターの場合、

インナーにセーターやパーカーなど厚手のものを着ることもある為、肩幅やアームホール

などに若干ゆとりを持たせた方がシルエットも綺麗に着こなせます。

たとえば、ジャスト〜タイトなものを選ぶと窮屈な着心地になってしまいます。

インナーと合わせた時に着膨れしてシルエットが崩れてしまったらかっこ悪いですよね。

逆に着丈が長すぎたり、アームホールが大きすぎると子供っぽい印象になってしまうので、

必ず試着をして着心地を確かめることを推奨します。

                                    

💡サイズ感のポイント

         

・着丈…膝上あたりの丈感がバランスよくまとまる!                      

・袖の長さ…腕を伸ばした時に親指の第一関節が隠れるくらいの長さが

ベスト!               

・肩幅…少しゆとりを持たせるとインナーを重ね着しても窮屈にならない!          

 

                                             

ポイント➁Yラインシルエットをつくること

細身のボトムスを合わせてメリハリのある「Yラインシルエット」を作りましょう。

 

Yラインシルエットは体型カバーができるシルエットなので、ガッチリしたスポーツ体型

の方や、ポッチャリ体型の方にもおすすめです◎

 

また、チェスターコートを使ったYラインシルエットは上品で大人な印象に仕上がるので

20代30代だけでなく、40代50代の方もきれいに着こなせると思います。

どの年代の方でもYラインシルエットを作ることを押さえれば、失敗しないですよ(^^)

 

 

ポイント③色使いを意識する

チェスターコートはブラックやグレー、ネイビーなどのベーシックカラーがおすすめ☆

コーディネートではモノトーンカラーの他に、ネイビーやベージュ、カーキなど落ち着いた

色味のアイテムを取り入れると、落ち着いた大人っぽい雰囲気を演出できます。

 

ブラウンやテラコッタ、ボルドーなど深みのある色味は季節感も出せておしゃれに

見えるので秋冬でしか着られない色味にも挑戦してみると良いでしょう◎

 

 

ポイント④きれいめとカジュアルのバランスを考える

年代によって、きれいめとカジュアルを取り入れる比率が変わってきます。

20代で大人っぽいきれいめアイテムを多用してしまうと、背伸びした感じが出てしまいます。20代の方は、パーカーやデニムなどのカジュアルアイテムを1アイテム入れるだけで、

ほどよいカジュアル感が出せて、年相応な着こなしに見えます。

 

30代以降の方は、きれいめアイテムでまとめる他に、1つ前のポイントでお話したように

落ち着いた色味のアイテムを取り入れて大人っぽさを出していくとおしゃれにまとまります。

 

 

体型別・チェスターコートの着こなし方〜コーディネート例〜

低身長の方→視線を上に誘導すること

チェスターコートは首元がスッキリとしているので、首元が寂しい印象になりがち。

スヌードやマフラーを合わせて首元にアクセントを加えることで、視線を上に集める

ことができます。暖かく、体型カバーもできるのでおすすめです。

 

 

ガッチリ・ぽっちゃり体型の方→Yラインシルエット+縦のラインを強調すること

インナーとボトムスの色を同系色にして縦ラインを作ったり、タートルネックを合わせて

縦の面積を増やすと縦長に見え、すらっとした印象になります。

リブニットと合わせてもすっきりとまとめることができますよ◎

 

 

細身体型の方→重ね着で細さをカバーすること

細身体型の方は、インナーに厚みを出すことが重要です◎

「パーカー+ロング丈Tシャツ」や「ニット+シャツ」などの重ね着でボリュームを

出すことで、体型カバーができます。

 

特に「ニット×シャツ×チェスターコート」の組み合わせは、体型カバーだけでなく、

知的に大人っぽく見せることができるのでおすすめです。

 

 

短足の方→ボトムスと靴を同系色で揃えて脚長に見せること

短足が気になる方は、細身のボトムスを選び、ボトムスと靴を黒などの濃色で揃えると

脚長効果が期待できます。ボトムスと靴の境目をなくすことが大切です。

靴下もダークトーンでまとめると、脚長効果がさらにアップしますよ!

 

 

💡大人っぽく上品に仕上げたいならこんなコーディネートもあります!!

 

 

まとめ

チェスターコートの着こなし方と体型別に似合うコーディネートを紹介しました。

 

試着室で感じた、コートに着られている感は『サイズ感』に問題があったんですね。

同じチェスターコートを取り入れるにしても、体型ごとに似合うコーディネートは

変わってきます。

 

今回紹介した着こなしのコツやテクニックをしっかり押さえれば、チェスターコートを

おしゃれに着こなせるようになると思います。

 

初めてチェスターコートを買う方は、ダークカラーを押さえると着回しも効くのでおすすめです◎

 

既にお持ちの方は、ダークカラーのチェスターコートに有彩色ニットを合わせた着こなしで

おしゃれを楽しんでみてください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COORDINOTE , 2019 All Rights Reserved.