~自分らしさを引き出し、ファッションで人生を豊かに~

ダメージジーンズはダサい?!大人メンズが着こなすためのポイントを紹介!!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

ダメージ加工によるヴィンテージ感の漂う雰囲気が

特徴のダメージジーンズ。

 

シンプルな定番デザインの多いボトムスの中で、いつもとは違った

スタイルを楽しめるので取り入れられている方も多いと思います!

 

しかし、このダメージジーンズ、女性や周囲から『ダサい』という意見が

あるのも事実です。

 

今回は、ダメージジーンズの印象や選び方、着こなしのポイントを

紹介していきます。

 

 

ダメージジーンズに対する女性の意見

 

ダメージ部分からすね毛が見えると不潔な印象がする。

ダメージジーンズは安っぽいイメージ。20代後半以降の男性が履いていると嫌かな。

不自然なダメージ加工はダサい。膝のところがガッツリ空いてたりすると、やりすぎじゃない?って思う…。

ボロボロ感がだらしない。ダメージなのか本当に破れちゃったのか分からないし、ダサいね。

などなど。

このようなダメージジーンズに対する意見が挙げられています。

 

でもせっかく手元にあるダメージジーンズ、またはかっこいいと

思ってるダメージジーンズをかっこよくおしゃれに履きこなすには

どうすればいいのでしょうか??

 

 

ダメージジーンズの選び方

シルエットで選ぶ

ジーンズのシルエットは様々。

大人メンズの場合、スリムタイプやストレートタイプがおすすめです。

 

《スリムタイプ》

スリムタイプのジーンズは、脚のラインにフィットするスリムな

シルエットが特徴です。

ビッグサイズのトップスと合わせることで、メリハリの効いた

トレンド感のあるコーディネートが楽しめます。

ストレッチ素材のモノを選ぶと履き心地も良く、おしゃれを

楽しめると思いますよ◎

 

 

《ストレートタイプ》

ストレートシルエットのダメージジーンズは、シンプルでクセが

強すぎないため、どんなアイテムとも相性抜群!

ジャケットスタイルのハズシアイテムとしても活躍してくれます。

スニーカーはもちろん、レザーシューズと組み合わせてもバランスの

良いコーディネートに仕上がりますよ◎

 

 

ダメージ加工で選ぶ

ダメージジーンズを選ぶ上でしっかり確認したいのが

ダメージの度合いです。

なりたいイメージや与えたい印象に合わせてダメージの度合いを

変えると良いでしょう。

 

《ハードなクラッシュ加工》

抜群の存在感でコーデの主役になります。

膝や腿などを破いてユーズド感を出す加工方法です。

あまり破れた穴が大きいジーンズだとワイルド感が強く

なり過ぎるので、緯糸がある程度残って、肌が“ちょい見え”する

ぐらいのダメージ感が理想。

 

 

《控えめなダメージ加工》

ラフさに加えて程よい品を演出できます。

控えめなダメージ加工の1つである、フリンジ加工は、

ジーンズの裾部分が切りっぱなしになっており、さらに

裾をほつれさせたもの。

程よいダメージがラフでこなれた印象に仕上げてくれますよ。

 

 

《リペア加工》

ダメージ部分を当て布やワッペン、タタキなどで補修して

あるのが特徴のリペア加工。

独特のレトロ感が魅力的で、個性的な自分を演出したいとき

におすすめ。

 

 

《ウォッシュ加工》

数あるダメージ加工の中でももっともスタンダードな

ウォッシュ加工は、加工の強さによって色落ち感は異なりますが

基本的にはハード過ぎない見た目なので、チャレンジしやすいはず!

 

 

《ペイント加工》

無造作にペンキを散らしたような加工は、塗装職人がはく

作業用ズボンみたいですね。

ワークテイストの色濃い加工として人気があります。

インパクトのあるジーンズなので、シンプルなトップスと

合わせてメリハリ良く履きこなしましょう。

 

 

ダメージジーンズの着こなしのポイント

最初の1本はダメージ加工が少ないものを選ぶこと

破れた部分から肌が露出していたり、加工の具合によっては

不快感を与えてしまう可能性もあるので、最初の1本は、

加工されていても肌が見えないものを選ぶようにしましょう。

 

またダメージ感が目立ちにくい、ホワイトデニムやインディゴ

デニムからトライしてみるのも良いと思います◎

 

 

着るシーンを限定してみる

『肌を露出することに抵抗が少ない夏だけ、ダメージデニムを

取り入れてみる』とか『男性だけしか集まらないシーンで

取り入れてみる』などダメージジーンズを履いても問題なさそうな

シーンに応じて使い分けてみるのも良い選択です◎

 

シーンや季節を限定することで、ダメージデニムの良さを

体感してもらえると、おしゃれの幅が広がると思います。

 

 

シンプルな組み合わせを心がけること

ダメージデニムはカジュアルな印象になりがちなので、

なるべくシンプルなアイテムやキレイめなアイテムと

組み合わせると、大人メンズでも馴染みます。

ジャケットやシャツと合わせてかっちりコーデのハズシ役

としても活躍しますよ!

 

 

オーバーサイズのトップスと合わせる

ダメージデニムは取り入れるだけでコーディネートに

アクセントを加えることができます。

シンプルなトップスと組み合わせるのがおすすめですが、

トレンドのオーバーサイズのアイテムとも相性抜群なので

おすすめです。

 

タイトなデニムであれば、ある程度ゆるめのトップスと

組み合わせると、トレンド感やこなれ感を出すことができます◎

 

 

ダメージジーンズのおすすめブランド

DIESEL(ディーゼル)

ディーゼル DIESEL ダメージジーンズ デニムパンツ メンズ ロング丈 長ズボン クラッシュジーンズ 29サイズ

価格:17,674円
(2020/6/23 12:53時点)

メンズ ディーゼル ダメージジーンズ IAKOP REGULAR SLIM-TAPERED 32×32

価格:10,800円
(2020/6/23 12:54時点)

「ディーゼル」はイタリアを代表するカジュアル

ウェアブランドです。

流行を追うだけではなく、個性的で斬新なアイテムが

揃っています。

素材選びや裁縫技術に重点を置くなどディテールへの

こだわりが強く、高品質な信頼がある為、愛用している

男性が多いです。

 

 

Levi’s(リーバイス)

リーバイス(Levi’s) 502 REGULAR TAPER (502 レギュラー テーパー)《CEDAR》デニム/ダメージジーンズ/テーパード/メンズ/男性用 ポイント10倍 送料無料 国内正規品 [BB]

価格:13,200円
(2020/6/23 12:54時点)

【中古】Levi’s Vintage Clothing◆ダメージジーンズ/ストレートパンツ/31/デニム/IDG//【メンズウェア】

価格:7,590円
(2020/6/23 12:55時点)

1853年に米国で誕生したブランド「リーバイス」。

言わずと知れたデニムブランドで、世界規模で人気です。

丈夫な生地とオーソドックスなデザインが、長く愛用できる

ジーンズブランドです。

細身のスキニータイプはもちろん、テーパードやストレートなど、

年を重ねて体型が崩れてくる30代40代の方でも着用できるので

おすすめです。

 

 

Lee(リー)

60’s ビンテージ ★ Lee リー Leens リーンズ コットン デニム パンツ ( メンズ 男性 W29 x L30 ) 60年代 古着 ジーパン ジーンズ スリム| 【US古着】【古着】中古 ヒゲ デニムパンツ ボトムス Gパン ダメージ ダメージジーンズ ズボン

価格:27,500円
(2020/6/23 12:55時点)

1889年ヘンリー・デヴィット・リーが創業したブランドです。

元々は食品と生活雑貨の卸メーカーでしたがらその後ワークウェア

としてオーバーオールなどを発案し、デニム系の製造・販売へと注力

していったそうです。

ワークウェアから作ってきたので、その品質や耐久性はハイクオリティー

となっており、日本でも評価が高さで有名です◎

 

 

EDWIN(エドウィン)

EDWIN(エドウィン)は1961年に日本で生まれたブランドです。

世代を超えて人気が高いブランドですよね!

DENIM開発、WASH加工開発、フィット開発、縫製技術開発等など、

常にデニムの改良を重ねており、年々進化し続けています。

トレンド系のデザインからオーソドックスな定番アイテムまで、

デニムのラインナップはさまざま。

503シリーズはエドウィンの代表作とも呼べるアイテムで、

現在では日本人からはもちろん、世界中の人々から愛される

ジーンズブランドとなっています。

 

 

JACOB COHEN(ヤコブ コーエン)

【全品ポイント10倍】ヤコブコーエン デニム J622 ダメージ クラッシュ 濃い コンフォート ジーンズ JACOB COHEN パンツ テーパード 細身 ストレッチ イタリア製 メンズ 【送料無料】 【あす楽対応】【レ15】

価格:33,200円
(2020/6/23 12:58時点)

「ヤコブコーエン」はMade in Italyにこだわりを持つデニムブランド。

「仕立てのよいテーラードジャケットに合わせるジーンズ」という

コンセプトのもと、スラックスのように綿密な計算で仕立てられた

デニムで支持を集めています。

日本のデニム名産地として知られる岡山の生地を使用するなど、

素材選びも妥協しない点も高ポイント◎

 

 

 

NUDIE JEANS(ヌーディージーンズ)

ヌーディージーンズ(nudie jeans)THIN FINN(シンフィン)AUTHENTIC REPAIR【送料無料】

価格:33,000円
(2020/6/23 12:57時点)

「ジーンズは第二の肌」が理念のスウェーデン発の

世界的デニムブランドです。

ヌーディージーンズのデニムは、その理念やブランド名の通り、

細身の美しいシルエットながら肌に自然にフィットする快適な

履き心地が特徴で、人気の理由です。

細身でもストレッチがしっかりと効いた柔らかな履き心地なので

動きやすいのも魅力的。

細身~太めまで着用する人を選ばない豊富な展開がウリなので、

自分に合った1本が見つかると思います!

 

 

 

まとめ

今回は、ダメージジーンズの印象や選び方、着こなしの

ポイントを紹介しました。

 

加工やシルエットによって印象が変わるので、自身の好み

のものを選ぶと良いでしょう◎

 

ポイントとしては、最初のうちはダメージ加工の少ないものを

選び、キレイめアイテムのハズシ役として取り入れると失敗が

少ないと思います。

 

今回の記事を参考に、ぜひ、コーディネートにダメージジーンズを

取り入れてみてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COORDINOTE , 2020 All Rights Reserved.