~自分らしさを引き出し、ファッションで人生を豊かに~

どのラインまでがOK?!オフィスカジュアルの基本ルールとNGチェックリストを紹介!!

2020/03/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

近年、ノータイ推奨、カジュアル推奨などがされ、ビジネススタイルは普段着に

近くなってきていますよね!

 

オフィスカジュアルは人によって基準が曖昧で、どのラインまでがアウトで

どのラインまでがOKなのか、迷ってしまう人は多いと思います。

 

時には客先へ足を運んだり、初対面のお客様に会うこともあるだけに、

相手に不快感を与えない程度の基準は押さえておきたいものですよね。

 

今回は、オフィスカジュアルの基本ルールとNGチェックリストを

まとめてみました!

 

 

オフィスカジュアルの基本ルール

「ジャケット+シャツ+パンツ」が基本の組み合わせ

オフィスカジュアルのルールは、お客様を対応するときにふさわしく、且つ

かっちりしすぎないことが基本。

 

ビジネスシーンに相応しい服装でありながら、スーツをより少し崩した

スタイルがオフィスカジュアルとして認識されています。

基本は、「ジャケット+シャツ+パンツ」という合わせ方が無難です。

 

アイテム選びに注意が必要!

基本を押さえていても、アイテムの選び方次第でカジュアルすぎてしまう

こともあります。

プライベートな印象を持たれるコーディネートにならないよう、アイテム選びは

注意しましょう。

 

 

会社の雰囲気に合わせることが重要

オフィスカジュアルに明確な基準はない為、企業によってOKな

ラインが異なります。

基本は、会社の先輩の雰囲気を見て、自社のオフィスカジュアルを

学ぶことが無難です◎

 

 

ベーシックカラーでまとめること

オフィスカジュアルは、ベーシックカラーでまとめるのが無難です。

黒・紺・ベージュ・白のアイテムを揃えておくと、馴染みの良いオフィス

カジュアルファッションになります。

ベーシックカラー以外の色もコーディネートに組み込みたい場合は、

パステルカラーのものを取り入れるのがおすすめです。

コーデが明るく、優しい雰囲気にまとめることができますよ◎

 

 

シンプルなデザインできちんと感を出すこと

カジュアルなファッションアイテムは時に派手で奇抜な色合いやデザインの

アイテムも多くありますが、そういったものは会社に不向きです。

柄は無地が無難ですが、ストライプやチェック柄であれば清潔感やおしゃれな

雰囲気を演出できるのでおすすめです◎

 

たとえば、画像のような「ジャケット+チャックシャツ+チノパン 」の組み合わせで

シンプルにまとめてあげると、きちんと感も出せるので、オフィスカジュアルにも

ぴったりの着こなしになります。

 

 

インナー”にはモックネックやタートルネックもアリ◎

ビジネスシーンでは襟付きのシャツというのが鉄則ですが、最近ではジャケットを

羽織っていれば、インナーはTシャツやクルーネックニットでもOKという風潮も

あります。(もちろん職種によりますが)

 

秋冬などの時期は、タートルネックやモックネックなどのニットは、見た目が上品に

まとまりますし、温かいのでおすすめです◎

 

素肌にVネック1枚だと少しいやらしい印象になってしまうので、ビジネスシーンでは、

ニットはタートルまたはクルーネックが無難でしょう。

 

 

 

NGチェックリスト

派手な色使いをしていませんか?

派手な色使いをNGとしている企業は多いです。

派手な色使いのコーデは下品な印象を持たれてしまい、悪印象です。

鮮やかな色が身体の半分以上を占めてしまうような洋服は避けるのが無難です。

 

 

ジーンズやスニーカーを履いていませんか?

オフィスカジュアルでは、ジーンズやスニーカーなどのカジュアルすぎる

印象の洋服や小物はNGです。

オフィスカジュアルでパンツを選ぶ場合は、テーパードパンツやチノパンなど

ビジネスに相応しいものを選びましょう。

 

スニーカーに関しては、企業によってラインが異なりますが、基本的にはNG。

オックスフォードシューズやローファーなどがビジネスに相応しい靴です◎

 

 

Tシャツを着ていませんか?

トップスはYシャツやポロシャツなど襟の付いたものを着ましょう。

襟のないトップスは、軽いイメージを与えてしまい、ビジネスには不向きです。

襟付きのトップスを着ることで、誠実な印象を与えることが出来ます。

※職種によってはTシャツやクルーネックニットがOKの場合があります。

 

 

靴下、何色を履いていますか?

靴下は白はNGです。

ボトムスの色、靴の色に合わせてダークカラー(ブラック、ネイビー、グレーなど)の

靴下を履きましょう。

 

 

過度なクールビズをしていませんか?

クールビズの認識が広まってきたとはいえ、ハーフパンツやサンダルなどを取り入れた

服装はビジネスに相応しくありません。

だらしない印象や不快感を相手に与えてしまう可能性があるので、控えましょう。

 

 

清潔感が最重要ポイント!

汚れやシワがついている服で出勤していませんか?

ビジネスの場では、汚れやシワがついている服を着ていると不潔な印象に

なるだけでなく、「身だしなみができない人」という印象も持たれてしまいます。

 

💡Check!

・シワや汚れ

→洋服はクリーニングに出したり、アイロンがけなどのお手入れをしっかりしましょう。

 

・ボロボロな靴

→靴を磨く、靴底を修理する、買い替えるなど靴のケアもしっかり行いましょう。

 

・ペットの毛や埃、髪の毛

→粘着クリーナーやブラシなどを使って取りましょう。

 

・臭い

→クローゼットの臭いが染みついていたり、飲食店・タバコの臭いがついてしまった場合は

 洗濯するか、ファブリーズなどの消臭剤でケアするとよいでしょう。

 

 

 

まとめ

今回は、オフィスカジュアルの基本ルールとNGチェックリストをまとめました。

 

オフィスカジュアルとはいえどビジネスシーンでの着こなしとなります。

シンプルな着こなしが、きちんと感と清潔感を演出することが出来ます。

派手すぎず個性を出しすぎず、それでいてかっちりしすぎていない、この程よい加減が

おしゃれなオフィスカジュアルコーデに仕上がります◎

 

オフィスカジュアルは季節や働く企業、取引先によってもボーダーラインが

変わっていき、選ぶアイテムも変わります。

 

まずは先輩たちがどのような服装で仕事をしているのかをチェックしてから

取り入れていくのが無難だと思います◎

 

是非、今回の記事を参考に、オフィスカジュアルコーデを楽しんでみてください♩

 

この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COORDINOTE , 2020 All Rights Reserved.