~自分らしさを引き出し、ファッションで人生を豊かに~

ライダースジャケットの着こなしのコツとコーディネート例

2019/09/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

男らしくワイルドでかっこいいスタイルにしてくれるライダースジャケット。

春・秋・冬と長いシーズンで着ることができ、世代を問わず人気のアイテムです。

近年ではファッションにライダースジャケットを取り入れるのが流行となっていて、

男性だけでなく女性にも人気ですよね!筆者も持っています(^^)

 

でも、『ライダースジャケットを買ってみたけどどうやって着こなせばいいのか分からない…』

『自分の持っている服と合うか分からない…どんなライダースを選べばいいんだろう…』と悩んで

いる方も多いのではないでしょうか??

 

今回は、ライダースジャケットの着こなし方とコーディネート例をご紹介します!!

 

ライダースジャケットとは・・・?

ライダース(バイク乗り)のために作り出された革製のジャケットのこと

 

主にレザー製のショート丈のジャケットのことをいいます。

素材は牛レザーが使用されることが多いです。他にもラムレザーや馬レザーなど様々な

レザーが使われます。

定番のカラーはブラックですがブラック以外にもブラウンやブルーなど様々な種類があります。

 

ライダースジャケットの種類

ライダースジャケットの形には主にシングルとダブルの2種類があります。

 

シングル

前合わせが一重になったデザインのもの。

シンプルなデザインで合わせやすいのが魅力的です。

きれいめコーデにもカジュアルコードにも合うので、初めてライダースジャケットを

買われる方におすすめです。

 

💡1931年、バイクメーカーのハーレー・ダビッドソンがシングルライダースジャケットを

発表したことがシングルライダースジャケットの始まり!

 

ダブル

「ライダース」と聞くと、こちらをイメージする方も多いと思います。

フロントが2枚重ねになっていて、防寒性、耐久性共に優れた作りが特徴。

より男らしく個性的なアイテムでお洒落をしたい方におすすめです。

 

💡1939年にダブルタイプの原型といわれる「アビエイタースタイル」のライダース

ジャケットがハーレー・ダビッドソンから発表されました!

 

 

ライダースジャケットの着こなし方のコツ

着こなし方のコツ①サイズ感

ライダースジャケットのサイズはタイトフィットのものを選びましょう。

肩幅はちょいキツめ・着丈は骨盤の中間あたりの長さのサイズ感がベスト!!

 

ライダースなどのショート丈アウターは、アウターよりインナーを少し長めにすると

バランスよく着こなせます。

インナーで腰の位置を隠すことで脚長に見せる効果が期待できます。

 

💡サイズ感を間違ってしまうとせっかくのワイルドな雰囲気も台無しになってしまうので、購入の際は試着をするなど自身に合ったものを選ぶのをおすすめします。

 

 

着こなし方のコツ②シルエット

ライダースジャケットは着丈が短めで、上半身がコンパクトにまとまるので

「Iラインシルエット」Aラインシルエット」を作ることを意識しましょう。

 

・ライダースジャケットを使ったIラインシルエットコーデ

ライダースジャケットがタイトなつくりなので、ボトムスに黒スキニーを合わせると

すっきりとしたIラインシルエットのコーディネートになります。

ジャケットと同系色又はダークトーンのボトムスを合わせるとセットアップのように

なり、すらっとした大人っぽい印象を与えることができます。

 

・ライダースジャケットを使ったAラインシルエットコーデ

ワイドパンツと合わせると、より男らしい雰囲気になります。

脚が太めの方やトレンド感を出したい方におすすめのシルエットです。

 

着こなしのコツ③シンプルにまとめること

ライダースジャケット自体が主役になるアイテムなので、無地のシンプルなアイテムで

まとめて細身のシルエットにすると、上品でバランスの良いコーデになります。

 

⚠ダメージジーンズやプリントTシャツ、カジュアル過ぎるブーツなどを合わせてしまうとハードすぎる印象を与えてしまう可能性があるので、シンプルにまとめることを意識しましょう。

 

 

ライダースジャケットを使ったコーディネート例

①デニムコーデ

 

②ニットコーデ

 

③モノトーンコーデ

 

 

まとめ

今回は、ライダースジャケットの着こなしのコツとコーディネート例を紹介しました。

 

羽織るだけでコーディネートの主役に、おしゃれになるライダースジャケット。

男らしく、かっこいい雰囲気に決めたい時におすすめです(^^)

 

ぜひ、この記事を参考にこれからの季節のファッションに取り入れてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COORDINOTE , 2019 All Rights Reserved.