~自分らしさを引き出し、ファッションで人生を豊かに~

メンズシャツの種類&名前を知ってる??デザイン・素材・襟の形別に紹介します!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

季節問わずコーディネートに欠かせないシャツですが、あなたはメンズシャツの

種類や名前を知っていますか??

 

店員さんが、さらっと言ったシャツの名前が分からず、『???』となった経験は

ありませんか?

 

シャツのデザイン、襟の形・素材によって種類や名前が違うので悩みますよね…。

 

シャツは形、襟のデザイン、首元のシルエット、生地に分けるとたくさんの種類があります。

 

季節ごとに扱う素材(生地)が違ったり、デザインによって合わせるアイテムが変わったり

するのでシャツの種類と名前を覚えておくと便利だと思います♩

 

メンズシャツの種類&名前をデザイン・素材・襟の形別に紹介していきます!

 

 

【デザイン別】シャツの種類と名前

ミリタリーシャツ

色はカーキや深緑が多く、ポケットが多く付いているデザインが特徴的。

無骨なデザインが男らしさを演出してくれるので、1枚でかっこよく着こなす

ことができます。

 

 

ロングシャツ

通常の丈よりも長めな丈が特徴のシャツ。

長さのバリエーションは多く、トップスとして1枚で着たり、羽織って着ることが

できます。トレンドの着こなしである『レイヤード』としても使いアイテムです。

 

 

ブロッキングシャツ

複数の柄や色の生地を組み合わせて作られたシャツのこと。

見頃・カフス・襟・ポケットなど別に、もしくは同じ部分内で生地を切り返すことで

特徴的なデザインをしているものの総称を指しています。

デザインも無作為なものや、左右対称でキッチリとしているものなど色々な種類が

あるので、個性的なデザインが好きなかたにおすすめです。

 

 

ワークシャツ

もともとは作業を行う際に着るために作られたシャツなので作業中の機能性を重視

したデザインです。

丈夫な作りや汚れても目立ちにくいのが特徴で、素材はデニム・ダンガリー・

シャンブレーなどを用いられることが多いです。左右に胸ポケットが付いた

デザインも作業用シャツの名残です。

両サイドに絞りのカーブが無いものがほとんどで少しルーズな印象に。

スケーターやストリートファッションでは定番のアイテムです。

 

 

ラガーシャツ

ラガーマン(ラグビーの選手)が着ていたユニフォームのデザインを元にし、

アレンジしたシャツをラガーシャツと言います。

襟付きで頭からすっぽり被るようになっており、前立てに3個ほどのボタンが付いて

います。白襟、幅広のボーダーが特徴的なデザインです。コットン素材のものが多いです。

 

 

ポロシャツ

ニット素材の襟付きシャツのこと。  

元々は、ポロの試合で着られていたのが起源ですが、テニスの試合で着用される

ようになってから一気に普及したといわれています。

半袖デザインのものが多いので、夏場に着る人が多いです。

カラーバリエーションが豊富で柄も様々あるので、取り入れやすいアイテムだと思います。

ニット素材なので伸縮性があり、 襟付きなのに着心地がいいのが特徴。

最近では、クールビズ効果なのか、ビジネスシーンでもポロシャツを着用している方を

見かけますね◎

 

 

ドレスシャツ(カッターシャツ・ワイシャツ)

ドレスシャツは、スーツの下に着るシャツの総称で、カッターシャツやワイシャツとも

言います。襟とカフスが固定されているデザインのシャツです。

ワイシャツ同様、スーツの下に着て、ネクタイと合わせるのが通常の着こなし方です。

 

 

アロハシャツ

開襟でトロピカルな派手な色・柄の半袖のシャツのこと。

夏にぴったりのデザインですね◎着るだけで季節感の出せるアイテムです。

 

 

チェックシャツ

シャツの身頃・袖と全面にチェック柄が入ったものを、チェックシャツと言います。

色やチャック模様も様々で、代表的なものだと、ギンガムチェックやアーガイルチェック、

グレンチェックなどがあります。

カジュアルなアイテムですが、1枚で着ても、インナーとして重ね着しても、アウタとして

羽織ってもおしゃれにまとまり、着まわせるアイテムです。

 

 

クレリックシャツ

襟とカフスの部分が白無地で、それ以外の見頃の部分がカラーや柄、他の生地になっているデザインのシャツです。

クラシックなデザインなので着るだけで、知的な雰囲気を出してくれますね。

ビジネスからカジュアルまで幅広いシーンで使えるので1枚持っていると便利です。

 

 

ストライプシャツ

2色以上の異なる色のラインを複数並行させた縞模様柄のシャツのこと。

線の太さが同じクラッシックな柄(ロンドンストライプ)から、線を斜めにした

イアスストライプなど、ストライプの種類も様々あります。

ストライプは線が細いほど主張がなくなり、品のある印象を演出してくれます。

逆に線が太いストライプシャツは主張が強くなるため、カジュアルな印象を与えます。

 

ストライプシャツは縦長に見える視覚効果からスタイルアップが期待できるアイテムです。

 

 

ドットシャツ

小さなドット(円形・玉)を複数配置した水玉模様のシャツのこと。

ドットの大きさや間隔の規則性はデザインによって様々あります。

小さめのドットだと大人っぽい印象に、大き目なドットだとポップでカジュアルな印象を

相手に与えます。着るシーンや見せたい印象に合わせてデザインを変えてみると良いでしょう。

 

 

フードシャツ

シャツの襟部分がフードになっているデザインのシャツのこと。

春先にはシャツ1枚でスッキリと着こなすことができますね。

フードがついていてカジュアルなイメージが強いので、ラフに着こなしたい時に

おすすめです◎

 

 

ウエスタンシャツ

元々ワークシャツの一種で、デニム・ダンガリーといった丈夫な生地のものが多いです。

アメリカ西部のカウボーイが着ていたことから『ウエスタンシャツ』と呼ばれています。

ウエスタンシャツの特徴は、刺繍、胸部分のフラップポケット、スナップボタンです。

アメカジスタイルやカジュアルに着こなしたい時におすすめなシャツです。

 

 

 

【素材・生地別】シャツの種類と名前

 デニムシャツ

デニム生地を使ったシャツのこと。厚手で耐久性の高い生地が特徴。

使い続けることで色落ちの経年変化を楽しめるのもポイント◎インディゴカラーが

主流で人気です。

 

 

シャンブレーシャツ

デニムシャツと似た青みのシャツですが、デニムシャツとは折り方が異なります。

デニムと同じように横糸が白糸、縦糸が色味のある糸を使うのですが、シャンブレーの

織り方は「平織り」です。(デニムシャツは、綾織り。)

平織なので、2種類の糸が表に現れ、細かいチェック柄のような見た目が特徴です。

デニムと比べて白糸が占める箇所が多いため、シャンブレーの場合は使い込んでも

あまり色落ちが気にならないシャツなので長く使えるでしょう。

 

 

ダンガリーシャツ

ダンガリーをいう生地を前面に使用したシャツを、ダンガリーシャツと言います。

ダンガリーは縦が白、横が色付きの糸を使って綾織りした生地です。

コットン100%のダンガリーは肌触りがよく吸湿性にも優れていますが、

縮みやすかったり、シワになりやすいという欠点もあります。

ダンガリーシャツはカジュアル服の定番アイテムの1つです。

 

 

ネルシャツ

フランネルシャツの略で、フランネル素材のシャツのこと。

表面が毛羽立っていて柔らかな肌触りがするので、冬のカジュアル服として

着用されています。柄は主にチェック柄が多く用いられています。

軽く暖かい素材なので秋冬に着ることをおすすめします◎

 

 

コーデュロイシャツ

綿横ビロード織りしたパイル織物の仲間で、綿やウールでつくられたシャツのこと。

温かくやわらかい肌触り、縦うねが特徴で、保温効果が高いので冬服として着用される

ことが多いです。

カラーは様々ですが、優しめな暖色系のものが多く、素材からも季節感を出せるので秋冬に

人気のアイテムです。

 

 

リネンシャツ

亜麻糸を使って織られる生地で作られたシャツのこと。

さらっとした質感で着心地がよく、吸水性や発散性が良いので夏に着られることが

多いです。着るだけで清涼感や爽やかさを演出できるので春夏におすすめです。

 

 

ヘリンボーンシャツ

ヘリンボーンとは英語でニシンの骨のこと。

模様がニシンの骨に似ているので名付けられた。

つまり、ヘリンボーンシャツとはニシンの骨に似ている模様のシャツのことです。

山と谷が交互に連続する柄で柔らかな風合いが特徴の生地です。

柔らかな肌触りながらもシワになりにくいという特徴もあります。

秋冬〜春先におすすめのシャツです。

 

 

サテンシャツ

コットンやシルクで作られた、表面が滑らかですべすべした肌触りと強い光沢感の

ある素材が特徴のシャツ。上品さや高級感があります。

摩擦に弱くあまり頑丈なつくりではない為、洗濯時やアイロン時に注意が必要です。

 

 

オックスフォードシャツ

オックスフォードクロスという生地でつくられたシャツのこと。

オックスフォードクロスとは タテとヨコの綿の糸をそれぞれ2本ずつ組み合わせて

平織で作られた生地のことです。

厚みがありながらも柔らかく、ふっくらとしていて通気性が良いという特徴があります。

洗ってもシワがつきにくく、生地が固めで頑丈なので、普段着だけではなく、ビジネス

シーンでも着ている方が多いです。

 

 

ブロードシャツ

ブロード生地で作られたシャツのこと。

ブロード生地とは、たて糸とよこ糸に同じ太さの糸を使用して、たて糸をよこ糸の倍

くらいの密度に織った平織りの生地のことです。表面になめらかな光沢があります。

デザインや色味は無地の白や青が多いです。

糸の太さが細くなるほど柔らかい肌触りになり、光沢が増していきます。

 

 

 

【襟の形別】シャツの種類と名前

オープンカラーシャツ

名前の通り、襟が開いているシャツのこと。

通常のシャツと違い「襟が常に開いている」「ぺたんと寝て開いた襟」が特徴です。

さらっとした生地のものが多く、夏に着用されることが多いです。

ラフでカジュアルな印象を演出することが出来ます。

子供っぽい印象を防ぐためには、大人っぽいアイテムと合わせるのが吉です◎

 

 

イタリアンカラーシャツ

台衿がなくナックラインがVになったシャツのことを言います。

ワンピースカラーとも呼ばれています。

衿と前立ての裏部分がオープンカラーのように縫い目がなく、1枚の生地で

つながって出来ているのが特徴。

ノーネクタイ専用のシャツなので クールビズにもおすすめです。

 

 

ラウンドカラーシャツ

襟先が丸い形で作られたシャツのこと。

クレリックシャツなどエレガントなシャツに用いられることが多いです。

クラシカルな中に可愛らしさを感じさせる、遊び心が効いた印象のデザインが特徴。

カジュアル感が強いのでパーティーやプライベート時におすすめ◎

 

 

ボタンダウンシャツ

襟をボタンで留めるタイプのシャツのこと。

襟をボタンで留めることで襟の型崩れがないので、ノーネクタイでもきちんとした

印象で、清潔感のある着こなしになります。

様々な色・形・素材のものがあることもあるので、ビジネスシーンでも

プライベートでも活躍します。

 

 

レギュラーカラーシャツ

襟の開き具合や長さが標準的なもっともオーソドックスなタイプのシャツのこと。

シャツならではのきちっと感や清潔感を演出することができるので、ビジネスシーンは

もちろん、冠婚葬祭の正装として着用されます。

ベーシックなデザインのシャツなので、どんなジャケットやネクタイとも相性が良いです。

 

 

ホリゾンタルカラーシャツ

襟の開きがとても大きいタイプのシャツのことをいいます。

ホリゾンタルとは、『水平』を意味します。

このシャツは、着用したときに衿先が水平に見えるのが特徴で、名前もそれに

由来しています。

ドレスアップからカジュアルまで幅広い着こなしができるシャツであり、人気の

アイテムです。

 

 

バンドカラーシャツ

首回りに細いバンドがぐるりと巻かれたような、コンパクトな襟の形をしている

シャツのことです。

普通のシャツのように襟先がとんがっていない為、柔らかく優しい印象になります。

また、バンドカラーにより堅苦しいイメージも緩和されるため、シャツだけどほどよい

ラフ感を出すことが出来るのも特徴。

 

ボタンの開け閉めでも印象が変わるのでおすすめです◎

 

 

ワイドスプレッドカラーシャツ

レギュラーよりやや長めの衿羽をもち、衿足の高さもやや高めのシャツのことです。

レギュラーシャツ同様、フォーマルな場でもきちんと着こなすことができるシャツのため、

ビジネスシーンから冠婚葬祭まで、幅広い場面で着ることができます。

肩幅のあるがっちりした体型によく似合うシャツで、スポーツ選手も着用されています。

 

 

スタンドカラーシャツ

折り返しのない首に沿って立てた襟のシャツのこと。

どんなアイテムとも相性が良く、ドレッシーな装いにも、カジュアルなシーンにも

対応できるので1枚持っていると便利です。

ノーネクタイで着ることができ、首元をスッキリ見せることができます。

クラシックで知的な印象を与えてくれるシャツなので、落ち着いた印象を演出したい時に

おすすめのシャツです。

 

 

ウィングカラーシャツ

襟先が前に折れたデザインが特徴のシャツのこと。

鳥の翼のように襟先が折り返しされて開いていることから『ウィングカラーシャツ』と

呼ばれています。

結婚式や披露宴などの華やかな装いが似合うシーンで着用する方が多いです。

 

 

 

まとめ

メンズシャツの種類&名前をデザイン・素材・襟の形別に紹介しました。

 

普段何気なく着ているシャツや街中で素敵なシャツを着ている人を見かけた時、

欲しいと思ったシャツのデザインの種類や名前が分かると探す時も便利ですよね!

 

シャツの種類によって印象が変わるので、お気に入りの種類の形を見つけてシャツを

コーディネートに取り入れてみてください♩

この記事を書いている人 - WRITER -
千葉県在住の20代女性OL このブログでは、服装に関して悩みを感じている方や忙しい社会人男性の為に、ファッションコーディネートだけではなく、服装以外の外見や心理学に関してもお伝えすることで外面だけでなく内面から自信をもっていきいきと仕事やプライベートを楽しんでほしいという思いから、女性目線で男性ファッションに関する情報をお伝えしていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© COORDINOTE , 2020 All Rights Reserved.